投稿記事に自動挿入されるpタグを除去する方法

WordPressは、記事投稿時に自動的にpタグを付与します。
これが便利な場合もあるとは思いますが、CSSでカスタマイズしていいる場合やコメントを入れたい時に、思わぬところにpタグが付いてしまったりして邪魔な場合があります。
このpタグ自動挿入をさせない方法です。

すべての投稿記事に対してpタグ自動挿入をさせないようにするには、functions.phpに下記コードを追加します。
remove_filter() は、特定のフィルターフックに付加されている関数を除去する関数です。

remove_filter('the_content', 'wpautop'); //Pタグ除去

wp-includesフォルダ内のdefault-filters.phpの下記コードを直接コメントアウトしてしまう方法もありますが、アップデート時に上書きされてしまうので、上記方法のほうがベターです。

//add_filter(’the_content’, ‘wpautop’);

過去記事のpタグが除去されると困る場合や、記事によっては自動挿入を生かしたい場合は、自動挿入させないテンプレートの the_content() の前に、下記のようにコードを入れます。

<?php remove_filter ('the_content', 'wpautop'); ?> //Pタグ除去
<?php the_content(); ?>
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク