デジタル画像の予備知識

イラストやロゴなど、画像の制作のためには、お客様が必要とされている「データ形式」「用途」「サイズ」の情報が必要です。
デジタル画像について、私の分かる範囲で概要を少しまとめてみました。

データ形式

デジタル画像のデータ形式には、大きく「ベクタ形式」と「ラスタ形式」(ビットマップ画像)の2種類があります。

ベクタ形式

ベクタ形式は、代表的な例ではAdobe Illustratorなどのアプリケーションで作成されます。AI、EPS、SVG、PDFなどの形式があります。
ベクタ形式の特徴は、線と面の全ての情報を「方向と距離」の数値で表すので、劣化のない拡大縮小が可能なことです。画像を印刷する場合には、印刷会社から求められる最も適した入稿用の形式だと言えます。
ただし、データを扱えるアプリケーション(Adobe Illustratorなど)が限られる場合もあるので、広く一般向けではなく業務用と言えます。

ラスタ形式(ビットマップ画像)

ラスタ形式のポピュラーなものにはJPG、PNG、GIFなどがあり、Adobe PhotoshopのPSD形式などもそうです。この形式の特徴は、ピクセル(四角い最小単位)の集まりなので、拡大するとその一つ一つが大きくなり、ジャギーと呼ばれるギザギザ状が目立ち、「粗い画像」という印象になります。完成後の拡大には向いていない形式ということになり、この形式の場合は最初から、使用される最大の印刷サイズや幅×高さピクセル数を考慮して制作する必要があります。
また、拡大ほどではないですが、縮小の場合も劣化があり、必要以上に大きな画像を制作することはファイルサイズの肥大化や制作時間の浪費 = 制作費の浪費に繋がります。
しかしこの形式の多くはアプリケーションを選びませんので、広く一般向けだと言えます。

用途

Web素材などディスプレイ上でご使用になる画像なのか、印刷してご使用になる画像なのか…ですが、それにより、制作する画像に再現出来る色域(色の範囲)が違い、またビットマップ画像の場合には必要な画像解像度が違ってきます。Web用には、ディスプレイに表示出来る色域に適したRGBというカラーモード(色の再現方法)があり、印刷物には同じく適した画像解像度とCMYKというカラーモードがあります。制作開始段階で、これらを踏まえてとりかかるのが好ましいです。

RGB

Web用などディスプレイに表示して使用する画像は、RGBというカラーモードで制作します。R(Red)・G(Green)・B(blue)は「光(色光)の三原色」です。
RGB全ての値が0%の場合に黒となり、全ての値が100%で白になります。ディスプレイの初期画面が黒いこと、赤・緑・青のLEDによって白色が作り出されることからイメージしやすいかと思います。理論上、人の視覚で認識できるすべての色を再現出来ると言われています。

CMYK

印刷物に使用する画像は、CMYKというカラーモードで制作します。C(cyan)・M(magenta)・Y(yellow)・K(Key)は「色(色料)の三原色+K(黒)」です。
CMYK全てが0%の場合に無色(白ではない)となり、CMYの3つが100%の場合に不完全な(濁った)黒、Kが100%の場合に(またはK100%に適切な割合のCMYを加えた場合に)完全な黒となります。印刷のインクやトナーはCMYKの4色が基本となります。例えば何も描いていない紙が地の色であり、白い紙なら白になります。RGBに比べ再現できる色域は狭く、少しトーンが下がったようになることもあります。

サイズ

ここでいうサイズとは、ドキュメントサイズと呼ばれるもので、デジタル画像の幅ピクセル数と高さピクセル数(または印刷サイズの幅と高さ)と画像解像度が含まれます。
Web用などディスプレイ上で使用される画像と、印刷物とでは、必要となる数値が少し違ってきます。
前者は幅ピクセル数と高さピクセル数のみ必要です。後者は印刷サイズの幅と高さ及び、画像解像度が必要です。

Web用画像とピクセル数

ディスプレイ表示されるデジタル画像のサイズは、幅ピクセル数と高さピクセル数がすべてです。その大きさにファイル容量が比例します。
画像解像度は一般的に72ppiや96ppiに設定されますが、実際の見た目は個々のディスプレイ解像度で決まりますので、画像解像度は全く関係ありません。ピクセル数のみがすべてです。
必要とされる画像サイズをお聞きした場合に、ご自身のディスプレイで見る大きさで「10cmくらい」などと仰られることがございますが、それはあくまでそのディスプレイで見た場合の「見た目」です。ディスプレイで見る大きさは、ディスプレイの画面サイズと画面解像度(幅ピクセル数×高さピクセル数)で変わります。
Web素材などは、それを実際に使用されるWebサイトの内容を拝見し、適切なサイズをこちらで判断させていただいたほうが良い場合もあります。

印刷サイズと画像解像度

印刷サイズは、あくまで拡大縮小をしない100%表示での印刷時の幅×高さ寸法です。画像の幅ピクセル数と高さピクセル数及び、画像解像度で、その寸法が決まります。逆にいえば、印刷物に使用される場合は、印刷サイズと必要な画像解像度から、適切な幅ピクセル数×高さピクセル数の画像を制作する必要があります。必要な画像解像度は、実際に印刷される印刷会社などから要求されます。通常は300~350ppi程度です。

「解像度からピクセル⇔センチメートル相互変換フォーム」でこれらの計算が可能です。

それぞれについて、もう少しだけ詳しい内容は下記ページをご覧ください。

スポンサーリンク

デジタル画像の種類

デジタル画像には大きく2種類あり、それぞれ「ラスタ形式」「ベクタ形式」と呼ばれます。 ラスタ形式 ビットマップ形式とも呼ばれ、広く馴...

ページへGo!

デジタル画像のドキュメントサイズ

デジタル画像(ここではJPG・PNG・GIF・BMPなどのビットマップ画像とします)のサイズは、幅×高さの「ピクセル数」と「画像解像度」...

ページへGo!

解像度からピクセル⇔センチメートル相互変換

「この画像はどれくらいの大きさで印刷されるのか」「決められた大きさで印刷するには画像にどの程度のピクセル数が必要か」「そもそもこの画像は必要...

ページへGo!

カラーモード ― ディスプレイと印刷では色が違います

制作物の用途によって色域や見え方が変わります イラストや写真などの画像は、使用条件によって色表現の幅が違い、見る人や環境によっても見え...

ページへGo!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加