• このエントリーをはてなブックマークに追加

色の三属性 - 彩度(Chroma)

彩度

色の三原色のうち、色の鮮やかさの度合いを“彩度”と呼びます。鮮やかな色ほど彩度が高く、くすんで鈍い色ほど彩度が低いということになります。
絵画などでは、絵具の色が冴えすぎている場合に、白を少量混色して調子を落とします。逆に、鮮やかさや透明感を出すには、むやみに混色しないほうが良いです。
また彩度は、紙などの媒体の材質により大きく変わってきます。図は、明度を一定に保って彩度を変更した例です。絵具などでは白と黒を適量混色したことになります。
白、黒、グレーは“無彩色”と呼び、最も鮮やかさのない色ということになります。それ以外の色は無彩色に対して“有彩色”と呼びます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク