色の三属性 - 明度(Value or Brightness)

明度

色の三属性のうち、その色の明るさ・暗さの度合いを“明度”と呼びます。明度が最も高い色は“白”で、最も低い色が“黒”になります。
次に述べる彩度との関係が深く、各色相により、最も彩度の高い色の明度は異なり、その最も彩度の高い色の明度を下げたり上げたりすることで、彩度も下がります。
絵具などでは、白や黒の混色で明度調整すると彩度が下がり、透明感がなくなります。
実は明度はとても重要な要素で、視認性や“見え方”に大きく影響します。例えば、背景と文字の明度差が少なすぎると文字が読みにくくなったり、逆に明度差が高すぎると固いイメージになったりします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク