• このエントリーをはてなブックマークに追加

色の三属性 - 色相(Hue)

例えば一口に“赤”といっても、薄い赤、濃い赤、鮮やかな赤、くすんだ赤などがあり、言葉では曖昧な表現になってしまいます。
その曖昧な色を数値などで分かりやすく表す方法として、“表色系”というものがあります。
なかでも、アメリカの画家であった故アルバート・マンセル氏が発案した“マンセル表色系”が有名です。マンセル表色系は、“色の三属性”と呼ばれる“色相・明度・彩度”を用いて、色彩を表現します。
また、“色の三属性”を基盤として、明度と彩度を“トーン(色調)”とし、色相とトーンで表現する財団法人日本色彩研究所のPCCS(日本色研配色体系:Practical Color Co-ordinate System)などがあります。

色相環

色の三属性のうち、“赤”や“青”“黄”といったその色の持つ色味を“色相”と呼び、各色相の関係を円形の図で表したものを“色相環”と言います。
図は、色の三原色(C,M,Y)とその二次色、三次色(二次色と原色の混色)からなる12色の色相環で、“赤”“橙”“黄”というふうに変化していますが、24色、36色、またはそれ以上の詳細な色相環も可能です。
例えば、赤から、黄みの赤⇔赤みの橙⇔橙⇔黄みの橙⇔赤みの黄⇔黄といった感じです。
また、後に述べる明度や色調によっても、無数に色相環はできます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク