光の三原色と色の三原色を、まずは知るべし!

光の三原色

テレビやパソコンのディスプレイのように発光によって色を表現しているものは、波長の違うR(赤)G(緑)B(青)の三色(光の三原色)の色光の組み合わせで色を表現します(加法混色)。
光が全くない場合に“黒”になり、すべての波長が合成された時に“白”になります。太陽の光は、様々な波長の光が混ざっているので、白っぽく見えるんですね。

色の三原色

対して、インクや絵具などで紙などに書いたり印刷する場合は、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)の三色(色の三原色)を基本とし、これらで光を遮る形で表現します(滅法混色)。
遮らない箇所は下地の色になります。混色で白を作ることはできませんので、白い紙を使うことが多いのです。逆に三色を混色すると黒っぽくはなりますが、純粋な黒にはなりません。なので、実際には黒(K)を併用してCMYKを基本とするのです。

ちなみに、隣り合う原色を混色した色を“二次色”といいますが、光の三原色(R,G,B)の二次色は色の三原色の原色となり(C,M,Y)、色の三原色(C,M,Y)の二次色は光の三原色の原色(R,G,B)となります。
加法混色と滅法混色の関係性が面白いですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク