識別性は時に重要、視認性と誘目性をうまく使う

識別性

人は、色の違いから、物の存在や状態を認識します(識別性)。
例えば、信号機や交通標識は、一目で分かるように工夫されています。
これは、見えやすさ(視認性)と目立ちやすさ(誘目性)のどちらもが高いからです。
逆に迷彩色などは識別性を低くした例だと言えます。
ある特定のものの識別性を高めることは、自然や街の美しい景観においては色彩調和を乱すことにもなりかねませんが、信号機や交通標識などの識別性を高めることは非常に重要なことです。

視認性

図の左上の「黄」はちょっと見えにくいので、明度差をつけたのが右上です。
さらに「黄」を有彩色にして彩度差をつけたのが右下、左下は最も視認性が良いと言われる黒と黄の組み合わせです。
視認性は、明度・彩度・色相に差をつけることで高まります。
特に明度差をつけることが有効で、次に彩度と色相に差をつけることで高まります。

誘目性

図で、まず目に飛び込んでくるのは、左下の黄だと思います。
誘目性は高彩度色や高明度色のほうが高く、寒色よりも暖色のほうが高いとされています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク