「 色の性質と関係性 」一覧

識別性は時に重要、視認性と誘目性をうまく使う

識別性は時に重要、視認性と誘目性をうまく使う

人は、色の違いから、物の存在や状態を認識します(識別性)。例えば、信号機や交通標識は、一目で分かるように工夫されています。 ...

ページへGo!

膨張色と収縮色を知れば、好みのスタイルに!?

膨張色と収縮色を知れば、好みのスタイルに!?

暖色や白のように明度の高い色は、大きく見えることから“膨張色”、逆に寒色や黒のように明度が低い色は、小さく見えることから“収...

ページへGo!

進出色と後退色の使い方で、前に出すか控えめにするか

進出色と後退色の使い方で、前に出すか控えめにするか

赤や橙、黄などの暖かいイメージの色を暖色、青や青紫などの寒いイメージの色を寒色といいます。 どちらとも...

ページへGo!

補色の使い方で、ただの絵がアートになる!?

補色の使い方で、ただの絵がアートになる!?

色相環上で対角にある、向かい合う位置の色を“補色”といいます。 反対色とも呼ばれ、一般的に、赤とシアン(緑みの青)、マゼン...

ページへGo!

類似色は失敗しにくい自然な配色

類似色は失敗しにくい自然な配色

色相環の各色の両隣の色を“類似色”といいます。類似色はその名のとおり、色味が似ている色です。この類似色を使うことにより、自然...

ページへGo!

スポンサーリンク