「 絵・デザインの知識 」一覧

名刺にも使われる黄金比の不思議

名刺にも使われる黄金比の不思議

名刺にも使われる黄金比…と題していますが、一般的な名刺は55×91mmで、細かいことをいうと若干、黄金比より短辺が短い、もしくは長辺が長いの...

ページへGo!

絵や写真における三分割法

絵や写真における三分割法

私は、絵やデザインで最も大切なのはセンス=感性だと思っています。 「デザインにセンスなんて必要ない。最も大切なのは技術と知識だ」とおっしゃ...

ページへGo!

面積効果を考えないと、後で「あれ?」ってなる

面積効果を考えないと、後で「あれ?」ってなる

同じ色でも、その大きさによって見え方が変わってきます。面積が大きい場合はより明るく鮮やかに見え、面積が小さいと暗くくすんだように見え...

ページへGo!

視覚混合は点描だけじゃない!

視覚混合は点描だけじゃない!

図の左側では、上部の薄いピンクと薄い黄、下部のシアンと黄ははっきりと別々に見えますが、これらを縮小して右側のようにすると、薄いピンク...

ページへGo!

対比効果と同化現象で見え方が変わります

対比効果と同化現象で見え方が変わります

白いパレットの上では思い通りの色だったのに、いざ塗ってみると「あれ?」っていう時はありませんか? 明るすぎたり暗すぎたり、違う色に見えたり...

ページへGo!

識別性は時に重要、視認性と誘目性をうまく使う

識別性は時に重要、視認性と誘目性をうまく使う

人は、色の違いから、物の存在や状態を認識します(識別性)。例えば、信号機や交通標識は、一目で分かるように工夫されています。 ...

ページへGo!

膨張色と収縮色を知れば、好みのスタイルに!?

膨張色と収縮色を知れば、好みのスタイルに!?

暖色や白のように明度の高い色は、大きく見えることから“膨張色”、逆に寒色や黒のように明度が低い色は、小さく見えることから“収...

ページへGo!

進出色と後退色の使い方で、前に出すか控えめにするか

進出色と後退色の使い方で、前に出すか控えめにするか

赤や橙、黄などの暖かいイメージの色を暖色、青や青紫などの寒いイメージの色を寒色といいます。 どちらとも...

ページへGo!

補色の使い方で、ただの絵がアートになる!?

補色の使い方で、ただの絵がアートになる!?

色相環上で対角にある、向かい合う位置の色を“補色”といいます。 反対色とも呼ばれ、一般的に、赤とシアン(緑みの青)、マゼン...

ページへGo!

類似色は失敗しにくい自然な配色

類似色は失敗しにくい自然な配色

色相環の各色の両隣の色を“類似色”といいます。類似色はその名のとおり、色味が似ている色です。この類似色を使うことにより、自然...

ページへGo!

トーン(色調) - 明度と彩度を合わせた考え方

トーン(色調) - 明度と彩度を合わせた考え方

色の三属性の明度と彩度をあわせた考え方を“トーン”と呼びます。トーンは、明・暗、強・弱、濃・淡、浅・深の違い...

ページへGo!

色の三属性 - 彩度(Chroma)

色の三属性 - 彩度(Chroma)

色の三原色のうち、色の鮮やかさの度合いを“彩度”と呼びます。鮮やかな色ほど彩度が高く、くすんで鈍い色ほど彩度が低いということ...

ページへGo!

スポンサーリンク